塩屋商店会について

塩屋商店会について

明治時代後期、風光明媚な塩屋の町に魅せられた富裕層や外国人たちが移住し、昭和に入ると、ジェームス山の外国人住宅が開発されました。こういった背景が、塩屋の商店を発展させるきっかけになったとも言われています。戦前は国道二号線沿いが本通りでしたが、戦後には駅の北側に商店が移っていきました。そして、1955年に商店会の前身となる塩屋商店会連合会が発足。1970年頃には80あまりの商店が軒を連ね、最盛期を迎えました。2012年に一般社団法人塩屋商店会が設立され、現在は若い人たちのお店も増え、これまでとはひと味違うにぎわいが生まれています。


塩屋商店会のロゴマークとシンボルマークについて

町の象徴である海と山を「塩屋」の文字に掛け合わせた塩屋商店会のロゴマークとシンボルマークは、イラストレーターの 山内庸資 Yamauchi Yosuke 氏 によるものです。誰もが親しみを持てるロゴマークを目指し、「塩屋」の文字だけでも利用可能な汎用性の高いデザインと、塩屋の町に特徴的な、海・船・山・階段・坂道・樹木・家などをイメージしたシンボルをイラストで表現し、まるでレゴのように自由に組み合わせて遊べるロゴマークとなりました。塩屋商店会では、このロゴマークを用いた、バッグや手ぬぐい、キャップなどのグッズを作成しています。


塩屋商店会「しおみちゃんの家について」

会員・非会員にかかわらず、ご利用いただけます。
◆1Fスペース
1時間以上の利用
2,000円

◆2Fスペース
午前(9:00〜12:00)2,000円
午後(13:00〜17:00)3,000円
終日(9:00〜17:00)5,000円

*商店会の加盟店のご利用はすべて半額
*詳しくはメールでお問い合わせください。

利用規約 こちら


2022年3月現在、塩屋商店会の加盟店舗は75店舗です。

随時、塩屋商店会の加盟店も募集中です。

お申込書・Web掲載申込書は、こちら のページからもダウンロードできます。または、商店会事務局まで、お問い合わせください。


歩いて、観て、感じて、発見!塩屋マップ

 

 

shiomichan